特徴

LFVW 6970低周波振動溶着機は、大型部品をサーボ精度で溶接するように設計されています。LFVW 6970にはデュケイン独自の使いやすいHMIソフトウェアが搭載されており、振幅、加圧力、溶着距離をリアルタイムでグラフ化し、溶着プロセスを制御、監視、診断、評価するためのデータを提供することで、最も効率的なプロセス制御を実現します。VW6000シリーズにはデュケイン独自の使いやすいHMIソフトウェアが搭載されており、溶着プロセスを制御、監視、診断、評価するための追加データとともに、振幅、加圧力および溶着距離をリアルタイムでグラフ化することにより、最も効率的なプロセス制御を実現します。HMIソフトウェアは、最大200の溶着条件を保存して、さまざまなパーツの溶着や、複数のベンダーのパーツを管理したりできます。治具コントロールではパーツの有無やセット位置を管理し、マニュアルのエラーを減らすことができます。すべてのLFVW6000シリーズの溶着機は、複数のバルブ、パーツセンサー、およびツールIDに対してプログラムできます。デュケインはLFVW6970を世界中に簡単に配備できるように努めており、この新しい溶接機を複数の言語(英語、スペイン語、ドイツ語、日本語、中国語、フランス語、チェコ語)で提供しています。 LFVW6970はインダストリー4.0対応であり、最も一般的な工業用通信プロトコルを介して、診断、データ収集、およびサービスを高速化するリモート接続を提供します。

お客様の声はここをクリック

資料のダウンロード